会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
ショッピングカートを見る
特集
カテゴリー
ショップ紹介
運営会社

株式会社エコ・コンパス

Facebook

おすすめ商品
売れ筋商品
携帯電話で見る
上のQRコードで携帯電話からアクセスできます。
スマートフォンからもご覧いただけます。
http://shop.eco-compass.co.jp/
商品検索
rss atom

強アルカリ水 Q&A

Q. 「強アルカリ水」ってなんですか?

A. 強アルカリ水は水を電気分解し、pH値をアルカリに高めたお水です。

Q. 子どもが間違って飲んでしまいました。病院に行ったほうが良いですか?

A. 口の中を洗浄し、コップ1〜2杯の水又は牛乳を飲み、必要に応じて医師の手当てを受けてください。

Q. 間違って目に入ってしまいました。どうしたら良いですか?

A. 清浄な水で15分程目を洗浄した後、眼科医の手当てを受けてください。
洗眼の際、まぶたを指でよく開いて、眼球・まぶたの隅々まで水がよく行き渡るように洗浄してください。

Q. 最近良く同じような商品を見かけますが、どこが違うのでしょう?

A. 一番大きな違いは使用している水。多くの類似商品で水道水を原水として使用しているものが多いのですが、エコ・ウォッシュは逆浸透膜でろ過をした純水を使用しております。
また電気分解する際、炭酸カリウムを使用しているので、金属に使用した際のサビの原因にもなりません。

Q. 強アルカリだと環境に悪いと思うのですが、そのまま下水に流しても大丈夫ですか?
役所に聞いたらPH9まで薄めないとダメだと言われたのですが。

A. 大量の水で薄めて廃棄をお願いします。

Q. 強アルカリを排水すると浄化槽とか下水管を痛めると聞いたのですが本当ですか?

A. Ph9以下になるよう、大量の水で薄めて廃棄すれば大丈夫です。

Q. 洗濯に使えると聞きました、何倍に薄めるのが良いですか?
また、市販の洗剤と一緒に使っても大丈夫ですか?

A. 一般的な汚れのものであれば10倍程度に希釈してお使いください。汚れの程度によって希釈の割合を調整してください。市販の洗剤と混ぜると、効果が薄れますのでおすすめしません。

Q. 原液を100円ショップで買った容器に入れておいたら容器が壊れてきました。
ガラス瓶も良くないと言われたのですが、何に入れておくのが良いでしょうか?

A. ポリプロピレン(PP)やポリエチレン(PE)製の容器に保存していただくと良いでしょう。

Q. 一度にたくさん購入したいのですが、時間がたっても効果は変わりませんか?

A. 空気に触れなければ効果は変わりません。
希釈した場合は時間とともに効果がうすくなりますので、早めにご使用ください。

Q. 手は荒れませんか?素手で大丈夫?

A. 強アルカリ水ですので、肌の弱い方などは手が荒れる場合がございます。使用される際は、家事用手袋などを着用してください。

Q. 二度拭きは必要ですか?

A. 界面活性剤を使用していないため発泡性がなく、二度拭きの必要はありません。

Q. どんな汚れにいいのでしょうか?

A. ガス台や電子レンジのこびりついた汚れや、窓ガラスの汚れなどに効果的です。

Q. 子供が触れたらどうすればいいですか?

A. 石鹸を使い、ぬるま湯でよく洗い流してください。
外観に変化がみられるような場合は、皮膚科医の治療を受けてください。

Q. 時間をおいた油汚れにも有効ですか?

A. 時間が経ってしまった油汚れに対しても有効です。
その際は、汚れた部分にキッチンペーパー等を敷き、温めた原液のエコ・ウォッシュをスプレーしてください。スプレーして数分後汚れを拭き取ってください。

Q. 希釈したものは、どのくらいもつのでしょうか?

A. 希釈したエコ・ウォッシュは、基本的にはその日のうちに使い切ってください。

Q. つけ置き洗いは有効ですか?

A. 有効です。

Q. 使ってはいけない素材はありますか?

A. 水に濡れて不具合のでる箇所には使用できません。
皮革類(天然)で水が浸みこんでシミになるもの、白木の家具・木製品で水が浸みこむもの、またシルク製品はシミになる場合がありますので使用は避けて頂いたほうがよろしいでしょう。
その他使用できない素材に関しましては、取り扱い説明書を参照ください。

Q. 色落ちする素材はありますか?

A. 真鍮、銅・亜鉛製品、漆器、金箔加工品、革製品などは色落ちする可能性がございます。

Q. 化粧水に使えますか?

A. 化粧水としてはご利用いただけません。

Q. 顔や頭を洗ったらどうなりますか?

A. 強アルカリ性の物質はタンパク質を溶かす性質があり、手などに触れると火傷のように皮膚が溶け出す危険性があるので取り扱いには注意が必要です。
皮膚などに使用しないでください。

Q. 石鹸や他の洗剤と混ぜたらどうなりますか?

A. 酸性物質である塩酸などと同時に使用すると化学反応を起こして塩素ガスが発生する危険性が高く、命に関わる危険性があるのでご注意ください。

Q. 手の消毒に使えますか?

A. 強アルカリ性の物質はタンパク質を溶かす性質があり、手などに触れると火傷のように皮膚が溶け出す危険性があるので取り扱いには注意が必要です。

その他、ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問合せフォーム